<収入印紙について>

収入印紙とは、印紙税という税金です。印紙税が課税されるのは、印紙税法で定められた課税文書と呼ばれるものです。

印紙税は、課税文書を作成した人が、定められた金額の収入印紙を文書に貼り付け、これに消印をして納付します。


(印紙税を貼らなかったらどうなるか)

課税文書に収入印紙が貼付されなかったとしても、契約の効力自体が否定されるわけではありません。

ただし、その不備が発覚したときには、納付しなかった印紙税と、この2倍に相当する金額(つまり、本来の3倍の税金となる)の過怠税が課されることになるため注意が必要です。


(印紙税額)

記載された金額が

1万円以上 10万円以下 ⇒ 200円

10万円を超え 50万円以下 ⇒ 400円

50万円を超え 100万円以下 ⇒ 1千円

100万円を超え 500万円以下 ⇒ 2千円

500万円を超え 1000万円以下 ⇒ 1万円


1つの契約について2通以上の文書が作成された場合、その全部の文書がそれぞれ契約の成立を証明する目的で作成されたものであれば、すべて印紙税の課税対象となります。

複数の契約書を作成した場合は、それぞれに印紙税を貼付する必要があります。

〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2008行政書士平塚事務所 All Right Reserved

■契約の際の重要チェックポイント

・貸借金額
・借入内容
・遅延損害金
・連帯保証人

■利息・遅延損害金について

■連帯保証人について

■公正証書について

■収入印紙について

■時効について

■お金を返済してくれないとき

■契約書作成の流れ




■料金

■お問い合わせ・お申込み



■事務所案内

■平塚事務所のサイトマップ

■特定商取引法に基づく表示

■免責事項・プライバシー


お急ぎの方はお電話でお申込みくださいませ。 TEL 092-737-8830

■お問い合わせ・お申込み お問い合わせは無料です 事務所までの地図

■無料メール相談 

 |トップページ問い合わせ・お申込み作成の流れ料金事務所案内提携している専門家