<利息について>

利息は、お金を貸し借りしてから返済日までの間に発生する「使用料」のことです。

金銭消費貸借契約における利息については、「利息制限法」の適用があり、上限利息が定められています。

■元本が10万円未満の場合 

 年20%

■元金が10万円の以上100万円未満の場合

 年18%

■元金が100万円以上の場合

 年15%

*上限利息を超える利息を定めていたとしても、上限利息を超える部分については無効となります。

商人間の金銭貸借契約には、利息の記載をしなかった場合でも、商事法定利率の年6%の利息を請求できます。


<遅延損害金について>

返済日が過ぎてから実際に返済されるまでの間に発生する「損害金」のことをいいます。

金銭消費貸借契約では、遅延損害金の上限利率も利息制限法により規定されています。

利息制限法によれば、上限利率の1.46倍を超える場合に無効としているので、遅延損害金の上限利率は以下のとおりとなります。

■元本が10万円未満の場合 

 年20%×1.46=29.2%

■元金が10万円の以上100万円未満の場合

 年18%×1.46=26.28%

■元金が100万円以上の場合

 年15%×1.46=21.9%

〒810-0073
行政書士平塚事務所
代表 平塚桂太(ひらつかけいた)
営業時間:10時~17時<月~土曜日>日、祝日休み
電話:092-737-8830 FAX:092-737-8890
福岡県行政書士会所属
行政書士登録番号:第06400693号
E-mail:info@hiratsuka-office.com
CopyRight(C)2008行政書士平塚事務所 All Right Reserved

■契約の際の重要チェックポイント

・貸借金額
・借入内容
・遅延損害金
・連帯保証人

■利息・遅延損害金について

■連帯保証人について

■公正証書について

■収入印紙について

■時効について

■お金を返済してくれないとき

■契約書作成の流れ




■料金

■お問い合わせ・お申込み



■事務所案内

■平塚事務所のサイトマップ

■特定商取引法に基づく表示

■免責事項・プライバシー


お急ぎの方はお電話でお申込みくださいませ。 TEL 092-737-8830

■お問い合わせ・お申込み お問い合わせは無料です 事務所までの地図

■無料メール相談 

 |トップページ問い合わせ・お申込み作成の流れ料金事務所案内提携している専門家